婚約とは

婚約とは

婚約(こんやく)とは、男女が結婚の約束をすること。

日本の婚約

婚約の証として指輪を交換することが多い。婚約時に交換される指輪は婚約指輪と呼ばれ、男女とも左手の薬指につける。男性の払う着手金のような意味合いがあり、ダイヤモンドのような高価な宝石の指輪にすることが多い。俗に「男性の月給三ヶ月分」などと言われる(ただし月給三ヶ月分という数字は宝石会社の宣伝文句に由来しており、具体的な根拠はない)。一方、結婚指輪は比較的安価なものが選ばれる。

婚約をしてから婚約指輪を交換するのではなく、逆に、男性が婚約指輪を贈ることで婚約を求めることがある。これを俗に「プロポーズ」という。日本の伝統的な慣習の結納は、正式な婚約に当たる。口頭の婚約と同時またはそれ以後でなされることが多い。

婚約者を許婚(いいなずけ)と呼ぶことがある。許婚という語には、結婚を(家など)当人以外のものが決定するニュアンスがある。そのせいで、個人の意思を尊重する人たちから、偏見を持たれて、嫌われることもある。しかしながらこの語自体には元来、女性蔑視の意図はない。

法的効果

婚約は婚姻契約の予約であり、契約に伴う権利義務を発生させる。したがって、婚約した者は将来結婚 するように努力する義務を互いに負うので、正当な理由なく婚約を破棄した場合、債務不履行(民法415条)ないし不法行為(民法第709条)に該当し、損害賠償責任を負う場合がある。

婚約解消の正当な理由の例

  • 当事者同士の合意
  • 婚約相手の不貞行為
  • 婚約相手に重大な嘘をついていた(学歴詐称も認めた判例あり)

なお、婚約中であっても、不貞行為に及んだ場合には夫婦間における貞操義務違反に準じるものとして婚約相手に対する不法行為責任等が生じる場合がある。また、不貞行為の相手方も婚約相手の法的地位を侵害したとして不法行為責任(民法第709条)を問われうる。

難しい本から引っ張ってきたので、説明口調になっていますが許してください。さて、婚約指輪ときたらもう一つの指輪がマリッジリング(結婚指輪)ですよね。