エンゲージリングについて

『エンゲージリング』とは『婚約指輪』の事です。

婚約指輪とは一般的に、結婚すると決めた時、もしくは婚約するときに(または婚約したあとで)、男性から女性に贈られる指輪のことです。
通常、左手の薬指にはめます。
結婚式当日には、ウエディングドレスを着てプリザーブドフラワーをあしらったヴェールをつけた新婦の右手の薬指にはめたあとで、式の途中で左手の薬指にはめ直します。
結婚した後は、結婚指輪と重ねて左手にはめることも最近は増えてきています。

指輪はあまり好きではない方や、仕事上指輪をはめられない方の場合はペンダントやピアスを贈る事もあるみたいです。

基本的に婚約指輪は誕生石などの “石” を入れた物が
一般的ですが、日本では “ダイヤモンド” を入れた指輪が多いみたいです。

どうしてダイヤモンドリングが婚約指輪に選ばれやすいのでしょうか

ダイヤモンドは無色透明なところが「ピュア(清純無垢)」を意味し、世界一固い鉱物と言うところから「変わらぬ気持ち=永遠の愛 」の象徴とされているからに他なりません。

また全ての鉱物の中で最も光をよく反射するダイアモンドだけがもつ素晴らしい輝きが魅力的だからなのです。

ですが、「ダイヤモンドは魅力的だけど、値段が高いから・・・」や「エンゲージリングは普段使わないし、大切な人に負担をかけると悪いから我慢しよう・・・」

そんな風に思っている方いませんか!?

エンゲージリングのご予算は「お給料の3ヶ月分」と昔から言われてますが、それは何かの間違いでそんなことは全然ありません。

男性に無理のない程度で、それでいて女性が気を遣わないくらいで充分なんですよ。一番大切なのは “お互いの気持ち” なんですから・・・。

結婚は新生活のはじまりです。最初から無理をしても意味がありません。

とは言うものの、無理のない程度でそれでいて気を遣わないくらいっていうのが一番わかりずらいですよね。そこで、一般的な相場をお教えしときます。

エンゲージリングのご予算は大体 “15万円前後” というのが一般的です。

あくまでも、相場ですのでこれより安くても全然かまいませんよ。くれぐれも言うように一番大切なのは“お互いの気持ち” なんですから。現に、私の知る限りではシルバーのリングにメレダイヤを埋め込んだ1〜2万円位のリングをエンゲージリングにしている方も普通にいます。

リングだけではなくプリザーブドフラワーを束にしてプロポーズなんてのもロマンチックだと思いませんか?

*ちょっとはやめの出産祝いならおむつケーキオススメ。
見た目も可愛いおむつケーキなら、赤ちゃんが生まれるまでの間はお母さん・お父さんの目を癒してくれます。出産祝い選びに迷ったら是非おむつケーキの通販などで探してみて下さい。

Favorite

最終更新日:2015/3/10