マリッジリングについて

『マリッジリング』とは『結婚指輪』の事です。一般的に結婚指輪は結婚をした夫婦が “二人が一つになる象徴” として男性と女性がひとつずつはめる指輪の事で日本ではお互い左手の薬指に付けます。左手の薬指には「聖なる誓い」という意味が込められています。

しかし、世界の国や宗教の違いなどによって、右手の薬指にはめるパターンもあるみたいです。最近では指輪はあまり好きではない方や、仕事上指輪をはめられない方の場合もあるので、お揃いのペンダントや時計を付ける事も多くなってきました。

日本での結婚指輪の歴史はまだ浅く、欧米の文化が生活の中に入ってきてからが始まりで、実際につける人が増えたのは昭和40年頃からと言われています。

 

基本的に結婚指輪には “サファイヤ” や “ブルーダイヤ” などの “青い宝石(サムシングブルー)”を埋め込む事が一般的で、『青い宝石』=『花嫁の純潔や清らかさ』を表します。また、青は「青い鳥」同様、『幸を呼ぶ色』と言われており、指輪の内側に入れたり、ブーケの中にさりげなく青い花を入れたりしますが、日本では “ダイヤモンド” を入れる事が多いみたいです。

主に、マテリアル(素材)として使われているのはプラチナ、ゴールド、などの貴金属が多く使われています。近年では種類やデザインが増え、様々なマリッジリングが登場し、各有名ブランドからもブライダルラインがファッションリングとは別で発表されているほどです。

マリッジリングは外見からみた特徴を具体的に言う事は非常に難しいですね。デザインをとってみても決まりらしいものはあまりありませんし、第三者から見たときは、指輪をはめる場所からその指輪がマリッジリングなのかどうか判断する事は可能ですが、指にはめられていないリングだけをとって見てそれがマリッジリングなのかどうかを判別するのはかなり困難ですしね。

平均金額はというと毎年それほど変動はなく、二人分の平均金額が約18万円前後くらいが相場で、ボリュームゾーンとしては10〜20万円未満で揃えるカップルが過半数を占めているみたいです。

マリッジリングの情報収集やリサーチをするのに女性で多いのは結婚情報誌などの雑誌を、男性ではインターネットを使って調べている方達が多いようです。

先に興味を持つのは女性のようで、彼女が雑誌の写真から指輪をピックアップして、彼氏がそれを扱うショップのHPを検索し、より詳しいデータをリサーチする・・・。

といった理想的なコンビネーションで情報収集をしているようです。

そして、決定までに見て回るショップの件数は平均して3軒ほどは見て回るみたいなんですが、次ぎに多いのが意外や意外『1軒で決めた』というカップルが多い事です。雑誌やネットで一目惚れしたリングが、実際に着けてみてもイメージ通りでピッタリはまったから。という事も多々あるみたいです。

しかし、逆も然りで何件回ってもしっくり来るものが見あたらず出費はかさむけど、オーダーメイドでイメージ通りのものを作り上げる方達もたくさんいるみたいですね。どちらにせよ、一生に一度の贈り物のマリッジリング。十分な知識を身につけて『納得いくもの』を選ぶ事が決め手です。

recommend

信州伊那自動車教習所に入校
http://00.ips.fdinet.fujifilm.co.jp/9993029926/ina

2015/8/27 更新